ストレスフリーなら病気知らずの健康体【心身症の前兆を見逃さない】

どのような症状なのか

困る女性

心理的要因がつながる症状

心身症とは、心理的なものから特定の器官に限られて身体的にあらわれてくる疾患のことを言います。その心身症は病気のことを言う名前ではなく、心理的なものが大きくかかわってくるものの名称でして、でも基本的には身体の疾患といわれているのです。つまりどういうことかといいますと、たとえばストレスが溜まってしまったとします。そのたまったストレスは精神的に負担がかかってしまうようになります。その負担がかかってしまったものが身体的な症状としてあらわれてくるのです。その主な症状といえば偏頭痛や月経不順、胃腸炎、蕁麻疹、円形脱毛症などがあげられます。困ったことが続いて辛い日々が多くなると円形脱毛症となって毛が抜け落ちてしまう人もいますし、会社で部下が指示通りに働いてくれなかったりミスばかり続いて責任を問われたりすることが多くなると胃が痛くなって胃腸炎となってしまう人もいたりします。このような症状があらわれるものをまとめて心身症と呼ばれるようになっているのです。わかりやすく言いますと、精神的な負担が身体につながって症状を引き起こしてしまうというものなのです。心身症になりやすい人は常に休みなく働き続けていたり、ストレスを発散するのがうまくいかずにため込みやすくなっていたり、神経質で完ぺき主義な人がかかりやすかったりするといわれています。よく言えば頑張り屋な人がなりやすかったりするともいわれていますが、あまりに精神的な負担を抱え込むことで仕事など生活にも支障をきたすようになってしまいます。

疲労に注意

心身症は胃腸炎や偏頭痛のほかにも自律神経失調症や狭心症、気管支喘息なども発症するケースがあり、あまりに症状がひどくなれば病院で診てもらわなければならないことがあります。その症状がひどくならないようにするためにも予防と対策が必要となってきます。心身症となってしまっている人は、精神的にも身体的にも疲労が大きくたまってしまっていることが要因となってきていることもあり、その疲労を取り除くことが大切です。そして精神的にも身体的にも体が悲鳴を上げていることに気づいていくことも必要です。普段から疲労回復に効果のある栄養素を摂取していくことも良い方法ですし、ストレスを少しでも解消することができる方法を生活の中に取り入れていくことも良いです。疲労回復に効果のある栄養素といえばビタミンCやアミノ酸、ポリフェノールなどがあげられ、最近ではその栄養素が含まれた栄養ドリンクや清涼飲料水などが販売されてくるようになり、仕事の合間に飲むことも可能です。そしてストレス解消法は、お風呂に入るときに良い香りを引き出すアロマオイルをお風呂の中に5滴ほど垂らして入ったり、癒し効果を与えるヒーリングミュージックを聴くだけでも体の疲れの回復度は変わってきまして、次の日の体調の軽さ重さが違ってくるようになります。疲労は軽く考えてしまいますと体に負担をかけ、大きな病気につながってしまう可能性を高めてしまうため普段の生活習慣のなかで改善できることがあれば進んで実行させ、体調を維持させていくことが大切なのです。